三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う行事です。
子供たちは晴れ着に身を包み、各地の神社にお参りをします。

■三歳の祝い
髪置きの儀…初めて髪を伸ばす儀式です。男女とも行います。

■五歳の祝い
袴儀…男の子が基盤の上で恵方を向き、初めて袴をつける儀式です。

■七歳の祝い
帯解きの儀…女の子が付紐をとった本裁ちのきものを着て、初めて帯を締めて祝う儀式です。
■十三参り
十三参りは旧暦の3月13日前後(新暦の4月13日前後)に、男女とも数え年13歳でおこなう祝いです。子供の多福・開運を祈ります。
関西では七五三よりこちらの方が盛んな地域も多く、中でも京都嵐山の法輪寺・大阪の大平寺・奈良の弘仁寺が有名です。最近では他の地域でも徐々に盛んになり、名古屋では覚王山の日泰寺で参拝されています。
十三参りの由来は諸説あり、13歳は半元服であり大人の仲間入りをする年齢だった説、厄年を迎える初めての年が13歳であり厄払いの意味があった説などがある。
初めて大人の寸法(本断ち)の晴れ着を着るが、肩上げをし、大人と同じように腰ひもで着用する。
参拝の帰路、本堂を出た後に後ろを振り返るとせっかく授かった知恵を返さなければならないという伝承がある。
十三参りについては「日本の行事」の「十三参り」をお調べください。

呉友会(正直屋積立友の会)ー財務省の認可済み

呉友会とは財務省東海財務局の管理する「資金決済に関する法律(資金決済法)」のもとに運営している積立金方式の友の会のことです。以前は「前払い式証票の規則等に関する法律」といい、昭和50年に同業数十社が集まり、通産省の許可を得て始めた「東海呉服友の会」が前身です。現在は「正直屋呉友会」として、正直屋で運営しています。
正直屋ブログ951号 2020年6月8日 友の会(呉友会)参考
呉友会(正直屋友の会)の積立の一例
一口5,000円を1年間積立していただきますと、60,000円。その金額に10%の加算金(6,000円)が加わり、1年後には66,000円の買物をしていただける積立友の会です。 年に2回、東海財務局に報告、お客様にも残高をお知らせします。 積立は銀行、郵便局の自動引き落としができます。 詳しくは 0120-39-0529

あんしんサポート

●成人式・卒業式・宮参り・婚礼・七五三の購入・レンタル
●ゆかた・小紋・紬のおしゃれ着の購入
●シミヌキ・洗い張り・丸洗い・寸法直しの悉皆(しっかい)
●着付・ヘアー・メイク・写真撮影は店内で(要予約)
すべて正直屋におまかせください。
お問い合わせ
鶴舞本店 0120-39-0529 和合店 0120-52983-1